つむじハゲと遺伝には関係があるのか?こういう時にフィナステリドなどの育毛剤を使用しよう

つむじがハゲている人と言うのはやはり遺伝の可能性を疑っているところもあるのではないでしょうか。確かにつむじがハゲている人の親もまたハゲているという人もいるでしょう。

実際につむじハゲと遺伝と言うのは関係があるでしょうか?

■DHTの影響を受けやすい体質を受け継ぐことはある
つむじハゲの原因として挙げられることが、男性ホルモンが強いということがあり、特に悪玉であるジヒドロテストステロン(DHT)の影響が強いからです。

DHTに関しては誰でも起こっているわけですが、それでもつむじハゲかそうでないのかを分けるのはDHTの影響を受けやすいかどうかに依ります。

実はこれこそは遺伝と関係するわけです。DHTの影響を受けやすいかどうかというのは、実は遺伝によってそういう体質を受け継いでしまうことでもあります。

■生活環境が似ていることが最大の要因

■生活環境が似ていることが最大の要因

父がハゲているのであれば、子もハゲるのではないかという風に思わせるのは、生活環境が似ているところにも影響しています。

遺伝子は生活環境によっても変化をすることがありますので、もしも頭皮や髪の毛のために良くない生活をしている家庭に育ったというのであれば、子も当然ながらハゲやすくなる可能性が高いです。

自分がハゲやすいということを自覚しているのであれば、育毛剤を使用するなどして早めに対策を心掛ければ、つむじハゲの時期を遅らせることにもつながってきます。

■かなり遺伝とも関係する
親がつむじハゲになっているというのであれば、やはり子もDHTの影響を受けやすい体質を受け継いでいると言ってもいいでしょう。

それに一緒に住んでいるのであれば頭皮や髪の毛に悪い生活をしている可能性もあります。遺伝とも関係しますので、早めに育毛剤などで対策をするのもいいでしょう。