つむじハゲかどうかの基準を知った後でフィナステリドの使用を考えるのもいい

つむじハゲかどうかの基準を知った後でフィナステリドの使用を考えるのもいい

年齢が経つにつれてつむじハゲかどうかが気になるという人もいるのではないでしょうか。ハゲと言うものを内心分かったとしてもなかなか認めようとしない人もいるのではないでしょうか。

つむじと言うのはそもそも地肌が透けている状態ですので、それがハゲなのかどうかという判断に迷うということもあります。

今回はつむじハゲの基準について解説していきますので、これで自己判断して育毛剤を使用するかどうかを決めるといいでしょう。

■つむじハゲかどうかは髪の毛の太さから見るのが分かりやすい
髪の毛にはヘアサイクルと言うサイクルがあり、ハゲている状態と言うのは成長期が短くなって1本の毛の需要が短くなっていくと共に、生え変わった髪の毛が細くなるということです。

髪の毛の数に注目するのと共に、髪の毛の太さにも注目してみるといいでしょう。ヘアサイクルが乱れてくるとハゲになりやすいということは言えます。

つむじハゲかどうかの基準と言うのはつむじ周辺の髪の毛の数と太さに注目するのが一番いいでしょう。例えば、つむじ当たりの髪の毛と側頭部の髪の毛のそれぞれの太さを比較してみて、明らかにつむじ当たりの髪の毛が細いということになると、つむじハゲと判断してもいいでしょう。

■つむじハゲの兆候があるならば早めに対策を打ったほうがいい
つむじハゲの兆候があるというのであれば、すぐに育毛剤を使って対策をした方がいいでしょう。放置すると完全にハゲへのサイクルに向かってしまいます。

早めに対策を打つと効果が出やすくなりますので、早めに検討をしておきましょう。

■周りと比較して細くなっているならば早めに対策をしよう
つむじと周りの毛を比較してつむじの毛が細くなっているのであれば、ハゲないためにも育毛剤での対策を忘れないようにします。