つむじを押して痛むのであれば、フィナステリドのような育毛剤の使用を考えた方がいい

つむじを押してみて痛いということになるとハゲになるという噂があります。つむじの痛さとハゲがどうつながるのかと言うと、何もしなくて痛い場合は頭痛と考えてもいいですが、つむじを押してみて痛いを感じるのであれば、それは血行が悪いということの表れでもあります。

こういう時にどういう風に対処をすればいいでしょうか。

つむじを押して痛むのであれば、フィナステリドのような育毛剤の使用を考えた方がいい

■つむじを押して痛むのは頭皮が硬い証拠
つむじを押してみて痛さを感じたり硬さを感じるというのであれば、これは頭皮が硬いということの証拠でもあります。頭皮が硬いと血行が悪くなって頭皮が不健康な状態のことを言います。

頭皮が不健康になると頭皮に必要な酸素や栄養分が運ばれずに、だんだん髪の毛が痩せ細ってきます。こういう状態で育毛剤を使ったとしてもなかなか有効成分が浸透しにくくなります。

それでは使ったとしても効果が出ませんので、血行不良を防ぐために頭皮を柔らかくするところから始めた方がいいでしょう。

■頭皮マッサージで頭皮を柔らかくする
頭皮の血行を良くするためには頭皮マッサージをすればいいです。頭皮マッサージをすればいいわけですが、なかなかやっている人は少ないようです。

頭皮マッサージを行うのであれば、指の腹を使って適度な力でやるとよく、シャンプー時や育毛剤を使用する時にやってみると効果的です。

継続的に続けていくとだんだん頭皮が柔らかくなりますので、それにより血行が良くなっていき、痛みを感じることも少なくなるでしょう。

■頭皮が硬い状態なのはよくない
つむじを押してみて痛さを感じるのであれば、おそらく血行が良くない状態になりますので、そういう時は頭皮マッサージをして血行を良くする必要があります。

血行が良くなって来ればつむじにも栄養分が行き渡るようになります。